読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二神のヒトリゴト。

大好きな旅行、留学で学んだこと、本を読んでの発見、日常の感動、教育観、写真自慢などなど。

人間関係の作り方

こんにちは。

バンクーバーから失礼します。

 

今日は人間関係の作り方について考えたことを書きます。

と、人材会社のスペシャリストのごとく一見偉そうな書き出しになりましたが、かくいう僕は人間関係をうまく築くのが

苦手です。めちゃくちゃ

そんな僕はどうやったら他人といい人間関係を構築できるのか常に考えています。それはもう朝から晩まで。24時間、365日。

 

苦手だからこそ日々新しい出会いがある環境に身を置き、自分の傾向と対策を考えてきました。今日は少しだけ紹介します。

人見知りだけど色んな人と仲良くなりたい、でもどうしたらいいかわからない…

そんな仲間の力に少しでもなれたら幸いです。

 

  

 

その①:貸しを作る

 

いや、いきなり何、

詐欺師かよ。

 

いいえ、違います。

誤解を生みそうなので言い方を変えます。

まず、相手のためになることを自分から率先して行いましょう。

 

ここで気をつけなきゃいけないのは、善意の押し売りになってはいけないことと、損得勘定を捨てることです。そのために、相手のニーズ(好きなこと・ものとかでもいいと思う)をみつけ、自分でも力になれることはないか探します。

 

ちょっとしたことでもいいんです。

初対面の人がお金に困っているからって、いきなりドカンと大金を貸さないでしょ?自分にできる範囲のできることをすることが大事なんです。

 

 

 

その②:良いところを褒める

 

(テストで98点!? すごいな…でも悔しい)

(彼の論文が賞をとったって!? うらやましい…)

(年収2000万!? おれにレクサス買ってくれや)

 

すごいと思う感情と一緒に沸くのが嫉妬

僕は負けず嫌いなので嫉妬の傀儡のごとく頻繁に悔しいという感情に飲まれます。

でもここで大事なのは自分の感情は二の次にして、相手の良いところ(事実)にだけスポットライトを当てることです。誰か優れている人がいるから自分が優れていないわけではないんですよね。

すごいと思ったらさらその場でさらっと褒ることを心がけましょう。

 

 

 

 

その③:名前を呼ぶ

これ、当たり前だけどめちゃくちゃ大事だと思います。最も簡単に相手の承認欲求を刺激することができる方法です。こんな書き方するといやらしいけど、本質はそういうことだと考えています。

 

以上3ステップで人間関係を豊かに!

一緒に頑張りましょう!