二神のヒトリゴト。

大好きな旅行、留学で学んだこと、本を読んでの発見、日常の感動、教育観、写真自慢などなど。

バンクーバーでバイノーラル

こんにちは。

バンクーバーから失礼します。

 

誰にも言っていないんですが、高校生の時からハマっていることがあります。それは、耳かき動画を聴くことです。知らない人もいると思いますが、バイノーラル録音された耳かきの音を聴きます。決して他人の耳かきの様子を見るわけではありません。百聞は一見に如かずということで、一度聴いてみてください。イヤホン必須です。

 

 


[ASMR]耳かきの音 Ear Cleaning(声なし-No Talking)[音フェチ]

 

めっちゃ気持ちよくないですか?

 

電気消して布団にくるまってアイマスクして聴いたらもう現実。実際にやられてる錯覚に陥ります。このためだけに良いイヤホンを買いたい。

聴き始めた当時は立体音響という名前で有名でしたが、最近だとバイノーラル録音というみたいです。サカナクションの一郎さんが曲に使用されていることでも有名ですよね。

 

 

耳かき動画の中でも最近特に聴くのがhatomugiさんの動画です。耳かき専門というわけではありませんが、耳元で話されている感じがなんとも心地よいです。きっと僕は耳フェチ、声フェチなのかもしれません。きもいですか、そうですか。

 


[ASMR]ため口と敬語で雑談、頭をなでる[囁き声-Whisper]

 

吐息や呼吸まで鮮明に拾っています。

 

 

 

 

ここ数年で体感型のテクノロジーが大きく進歩しています。その中でも仮想現実(VR)拡張現実(AR)が代表ですが、なんですかあれ、

 

未来感がすごい、ですよね。

テクノロジーってここまで来ちゃったの?驚きを隠せません。

 

 

 

 

この先この技術が進むと、体験を売り買いする時代が来るのかなーなんて考えますが、ありえなくもないですよね。そうなってくると、実際に遠くまで足を運んできれいな景色を見たり、風や香りを感じたりする体験の価値ってどうなるんでしょう。「その場」でなくても同じ体験ができるのなら、行かなくてもいいと考える人もいるかもしれません。

 

テクノロジーが現実をリアルに再現できるようになるにつれて、現実と非現実の境目がぼやけます。映画『マトリックス』のような世界が来る日も、そう遠くないかもしれませんね。楽しみです。

 

 

耳かきから話が飛躍しましたが、今日はこのへんで。